みっくのブログ    大東(飛輪海)を追いかけていたはずなのに、魏晨(ウェイ・チェン)に出会ってダダハマり。最近、周杰倫への愛も大復活し、五月天も日本本格進出中!C-POP全般幅広く楽しんでおります。


by みっく
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

魏晨  9月22日 新アルバム発布会 @北京

いろいろ検索したり、情報寄せていただいたりして少しずつ分かってきました。

まずは、9月22日の発布会でのパフォーマンスとインタビューを。



で、今回のアルバムが注目されてる理由の一つがCJ E&Mが企画・制作したということ。
この会社は韓国の会社で東方神起やRAINなども手掛けている会社。K-pop好きの方には有名なのかしら??
魏晨くんは4カ月ほど韓国に滞在して、トレーニング、アルバム制作を行ったそうです。
たぶん、その辺のことを上の動画でも語ってると思われます。盛んに韓国、韓国言ってるからね。


その話は、日本語でも記事になってました。
中国日報日本版(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110922-00000013-cnippou-kr)より引用。

韓流の進化続く…中国トップ歌手のアルバム制作を韓国で

中国のトップスター魏晨(ウェイ・チェン)が韓国で制作したアルバムで中国本土占領に出た。

魏晨は22日に中国・北京市内のホテルで2集発売記念記者懇談会を行い、アルバム制作全般の責任を持つCJ E&M、魏晨の所属事務所のEEメディアとともにタイトル曲「破暁」を公開する。魏晨の2集はCJ E&Mが企画・制作した。

CJ E&Mは、「K-POPのシステムを輸出したという点で今回の作業は大きな意味を持っている。韓国人歌手を輸出するのを超え、いまや現地の歌手を韓国のシステムで育てる水準に韓流が進化した」と説明した。

魏晨はオーディション番組の「快楽男声」で3位に入賞し、昨年に1集を発売した。中国版「花より男子」の「一起来看流星雨」、映画「十七」などに出演し歌手と俳優として地位を固めた。

22日の記者懇談会では魏晨がタイトル曲「破暁」の舞台パフォーマンスを現地で初めて披露する。CJ E&M側は記者懇談会に参加し、韓国コンテンツ制作の先進化されたシステムを紹介して中国のアーティストとの合作を通じて文化的同質感を成し遂げた点など「第2の韓流」に代表される「コンテンツ制作システム」の輸出について説明する予定だ。



だから、この曲だったのね。
韓国語で、韓国の方とコラボ。名前もハングル表記で。でも、この曲カッコよすぎる。



韓国やるね。
今になってSMAPやAKB48が大陸コンサートなんか始めた日本とはものすごい差だよ。いまさらのアイドル外交だってさ~。
常に先を行かれてるのが、ちと情けないぞ、日本。


まぁ、その辺の事情とかはおいといたとしても、魏晨君の歌はいい。
単純に音楽を聴く方としては簡単なもんです。

で、そのアルバムはいつ日本でも手に入るのでしょう?それが一番気になるわ~。


おまけ
発布会の時、魏晨くんのイメージカラーがオレンジだっていうことで(ジャニーズみたいね)、客席がこんなふう。おそろいのTシャツ、もちろん彼の似顔絵入り?
e0220547_1916467.jpg


ちょっと面白かったので・・・
[PR]
by jjjjunkoblog | 2011-09-24 19:23 | 魏晨